電話加入権を持っていたほうが良いケースとは

コンサルタント

煩わしいケーブルを綺麗に

PCと従業員

オフィスの通信ケーブル配線をする時に気を付けたい点として、ケーブル類はとかく配線が多くなると煩わしくなってしまう事に注意が必要です。こうした場合には、ケーブルをまとめて床の邪魔にならない部分に配線したりと、工夫をするのもひとつの対処法です。しかしこの方法ではどうしてもケーブルを束ねるなどしてしまい、見栄えが悪くなってしまいがちです。また配線をする際に、オフィスの隅を這うようなルートを辿る事になってしまい、パソコンの通信速度が遅くなってしまう事があります。他にも、ケーブルの長さが長くなってしまうと、ケーブル代のコストが無駄になってしまいます。上記のようなオフィス配線の無駄を省くために、床下を活用する方法があります。オフィスの床下に丈夫なプラスチック製のトレイを配置し、そのトレイ部分にケーブルを配置してスマートにまとめます。

ケーブルを床下に這わせることによって、ケーブルをカーペットで隠してしまうことができます。また通信ケーブルの長さを必要以上に長く取る必要がなくなります。他にも最短ルートで接続できるようになるため、ケーブルの長さを短く済ませることができます。こうしてパソコンやオフィス機器の間で通信速度や安定性を向上させることが可能です。ケーブルが床下を辿っているため、従業員が移動するときにケーブルにつまづいて転倒する心配もありません。つまづいた時にケーブルが断線してしまう心配も不要で、多くのメリットがあります。配線を工夫する以外に、無線通信を活用する方法もあります。最近では無線LANやBluetoothといった、便利な無線通信対応デバイスが増えてきています。プリンターなどは無線で接続できるものもあるため、こうした製品を積極的に活用するのもオフィス環境を快適にするための工夫のひとつです。