電話加入権を持っていたほうが良いケースとは

コンサルタント

携帯電話の導入

電話

購入以外の方法もあります

ビジネスフォンを導入する場合は、購入とリースの二つの方法があります。ビジネスフォンを導入する事業の目的によりますが、リース契約には多くのメリットがあります。リース期間は、短い場合は3年間、長い場合で7年間という契約があります。非常に幅が広くなっていますが、事業計画に沿って検討しましょう。リース契約はレンタルと混同されることが多いですが、あらかじめ知っておきたい注意点があります。リースは、契約期間の途中で解約をすることができません。そのため、リース期間を設定する際にはしっかりと検討を重ねてから決定するようにしましょう。また、購入と比べて支払総額が高くなることが多いため、その点も事前に理解しておくことが必要です。

様々なメリットとは

リース契約では、ほとんどのメーカーの最新機種をリースすることができます。また、最初の機器購入資金が不要であることも大きいメリットです。ビジネスフォンは、一度に多くの数を導入することになりますが、一度に購入すると負担が大きくなってしまいます。その点で、リースは経費負担を平準化できるメリットが大きいのです。購入資金を他の運用資金に回すことができ、ビジネスの幅も広がります。リース料金は、全額経費処理でき、税法上は損金に計上できるために経費負担が軽くなります。また、購入と比べて固定資産税が掛からないというところも大きなメリットです。ビジネスフォン導入にかかる直接的な経費だけでなく、こういった経費もしっかりと精査していくとメリットの大きさが分かりますね。