電話加入権を持っていたほうが良いケースとは

女の人

携帯電話の導入

電話

ビジネスフォンを導入する場合は、リース契約をおすすめします。リース期間は3年から7年の間で選ぶことができるため、事業計画に柔軟に対応することが可能です。料金の面でも、リース料金は経費上損金処理できるため、総合的に見てメリットが大きくなります。

詳しく読む

海外旅行で借りるもの

レディ

海外旅行するとき現地で使えない携帯電話もあるので注意する必要があります。基本的に国際ローミングサービスに入ってないと使えません。もし使えない場合は、レンタル携帯を利用するのも良いです。通話料金も安くなります。

詳しく読む

煩わしいケーブルを綺麗に

PCと従業員

オフィス環境を快適にするためには、パソコンやオフィス機器との接続に使われるケーブルの配線を工夫してみましょう。ケーブルの接続を工夫するだけで業務の面で様々なメリットが生まれ、作業性の向上が期待できます。

詳しく読む

電話回線を引きたい場合

オペレーター

加入電話を引ける権利

電話の設置を望む契約者が、電気通信事業者と契約することによって敷設される電話回線を「加入電話」と言います。この、加入電話を引くことを可能にする権利が「電話加入権」です。電話加入権は、施設設置負担金を支払うことによって与えられる権利であり、大手通信事業会社の地域会社へ支払うことになります。尚、この制度は電話のインフラを大手通信事業会社の地域会社が整備する際、要する費用の一部を加入者が負担するものと定められている制度です。電話回線を引くとなった場合には、一般的に大手通信事業会社または電話工事会社へ連絡して回線工事を依頼します。しかし、近年ではその他にも電気通信業者が提供しているサービスで電話回線を引くことも可能となり、充実した付加サービスが受けられたりコストが安く済むと言ったケースも見受けられます。

要比較検討の提供サービス

前述したように、電話回線は大手通信事業会社だけでなく、サービスを提供している業者であれば回線を引くことが出来ます。また、電話回線とは言え、IP電話・ひかり電話などいくつか種類があります。それぞれにメリットやデメリットがあるため、自身の環境や利用状況などから、それぞれを比較検討した上で申し込む業者やサービスを選ぶことが推奨されています。そうすることによって、最適なサービスを受けることが可能となり、それらに見合った費用の支払いが実現するので、余計な費用を支払わずに済むのです。上記のことから、電話加入権を持っていなくても電話回線を引くことは出来ます。ただ、電話加入権が無い場合には、初期費用としてある程度の費用が必要となりますが、施設設置負担金よりも金額は安く済みます。